戦う税理士

今日は尼崎商工会議所へ行ってきました。

↓ に、たずさわった。税理士さんの

 

リスク回避のための 生前相続 のススメ

 

↓ セミナー

 

f:id:chiehawainiiku:20170307152636j:plain

 

以前勤めていた会社に出入りしていた税理士さんです。

 

 

 

 

 

まだ決まってはいないそうですが、もしかして今後

 

相続の基礎控除額が下がるかも。

 

 

平成22年度税制改正(小規模宅地の評価減の改正)により

 

相続税が発生したケースも出ている。

 

など。

 

勉強してきました。

 

私、全然関係ないんですけど

 

勝手に危機感をつのらせています。

 

うちの母が相続でもめちゃった。

 

てのが大きいですけど。

 

「そんな先のことわからないよ」

 

「縁起でもない」

 

ではなく、次の人のためにも

 

自分の意思を紙に書いて残しておいてほしい。と切実に思いました。

 

 

そういえば

 

相続税の発生しない1億円以下の相続で裁判までいってもめる人は ※1

 

75%

 

ともおっしゃっていました。

 

身内だからこそ、もめてしまって

 

仲が良かったのに・・

 

ってことも。

 

 

※1

 

1億円以下でも相続税が発生する場合もあります。

 

平成23年11月1日現在

 

仮に、相続人が奥さんと子供2人の場合

 

8000万円までなら控除されます。

 

5000万円+1000万円×法定相続人(上記では3人)

 

相続人の数によって相続税が発生するかどうか変わってきます。

 

他にも特例があるかもしれません。

 

詳しくは税理士さんへ